スポンサーサイト
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先代犬・お墓参り・・・
2007.02.14(Wed) 15:29
風・雨、ともに強い大阪です。
こんにちわ。


岡山に帰ったメインのご用というのは、タイトルどおり、



先代犬のお墓参りです。




今日はちょっと暗いお話になるかも知れませんが、お付き合いいただけたら嬉しいです。





今から5年前、2002年の今日、2月14日に、私が初めて飼った愛犬ごんが、17年と10ヶ月という、犬にしてみれば長い生涯を閉じました。

いえ、本当は、幼い私が拾って帰った犬なので、正確な誕生日は分からないんですけど、そんくらいかな?みたいな。。。(赤ちゃんだったしね。)



ごんは賢い子でした。
庭に犬小屋を建て、外で飼っていたのですが、冬の寒い日、夏の台風の日などは、たまにしか泊めてもらえない家の中で、粗相をすることは、まずありませんでした。
トイレに行きたくなったら、玄関で『開けて!出るよぉ~』と言える子なのです。

高校受験・大学受験で、私が深夜まで机に向かっているときは、舟をこぎながらでも起きていてくれました。

参考書やプリントを散らかしていても、咥えて遊ぶどころか、踏みさえしなかったのは、私の大切なモノだと分かっていたんでしょうね。


同時に、とってもオバカさんでもありました。
柴の血が入っているのは明らかな子でしたが(連れて歩いていると、『良い柴犬を連れとるなぁ』とよく褒められました)、柴の性格なのか、家族以外の誰もを覚えようとしてくれませんでした。

私の友達、隣のおばさん、毎日やってくる新聞屋さん。。。

友達の一人に『イツになったら覚えてくれるん?』と尋ねられるほど、吠えて吠えて、吠えまくりでした。

インターホンの無い、田舎の我が家ではありがたくもありましたが、近所迷惑、はなはだしかったのでは・・・・いえ、はなはだしいこと、間違いナシです。



その後、短大生になった私は、短大2年間と、OL1年弱で3年間ほどごんと離れて大阪(厳密にいえば尼崎)で暮らしたのですが、その間、特に変わった様子に気付くことはありませんでした。




大阪での暮らしが、金銭的に限界になって、岡山に帰った時も、白くなったなぁ~というくらいでした。
その時、すでに15歳。。。
そろそろ危ないかもね・・・と言われ始める頃でした。



幸い、岡山では家業を手伝わせてもらえたので、ずっと一緒にいられました。
春は庭にいたごんも、暑くなればエアコンの効いた事務所に一緒に出勤できました。
吠えまくりのごん・・・   不思議と事務所にいるときは吠えなかったなぁ・・・



年、取ったな・・・と思ったのは、その頃からです。


食欲もあったし、散歩にも行けてた。
すこぶる健康老体のごんに来た最初の老化は『痴呆』でした。
(白髪はもっと早かったかな?赤柴が、いつの間にか黄柴になってた)


狭いところに潜り込むようになったのです。


事務所といえば、机が何台もあり、その隙間にはスタンドや電話の線がたくさん通っていますが、何度も潜り込んでは、線に絡まり、キューン・キューンと呼ぶのです。

ありえない絡まり方もしてましたが、あまりにもカワイイので、とりあえず、笑って写真を撮って救出。。。なんてコトの繰り返しです。

もちろん、隙間をふさぐ努力もしましたが、どこかしら隙間を見つけてしまうんでしょうね。



夜鳴きも始まりました。

まるで虐待を受けているかのような激しい悲鳴です。
私も母も、放っておける限界というのがなんとなく決まってきて、『そろそろ見に行かないと・・・』と、一晩に何度か顔を見に行っていました。

顔を見せたからといって、おさまらないんですけどね。



亡くなる前の春には、後ろ足が立たなくなりました。

それでも散歩に行きたいので、腰の辺りをサポートしながらのお散歩です。
筋肉のバランスも悪くなったのか、いつも同じほうに傾きながら歩くので、大きな円をグルグルするだけです。
もちろん道路には出られません。
庭があって良かった・・・・



夏には寝たきりになりました。
身体の右側ばかりを下にして寝るので、気を利かせて反対向きにすると、キャンキャン文句を言われました。
もう、反対を向くと、体中が痛かったのかも知れないです。
床ずれ?というほどヒドイことにはならなかったけど、やっぱり右サイドがハゲました。
毛皮をまとっていて当たり前の犬がハゲるなんて・・・
字に書くと切ないですが、実際見ると、結構わらえます。
マヌケです。




秋になると、冬毛のおかげで、ハゲも少し良くなりました。



食事も、ひとくち・ひとくち、手であげないと食べれません。
トイレもサポート無しでは出来ません。
水だって、哺乳瓶で飲ませるようになりました。



食事は一回の量を減らして、回数を増やしたので、私もドコにも行けなくなりそうなモノですが、理解ある友達に恵まれていたので、『ご飯の時間じゃけん、帰ってくるわ~』と、抜け出しながら、時には、友達も一緒に家にきてもらいながら、遊んでました。



長い介護生活、息抜きは大切ですからね。



最後の朝も、一緒に出勤しました。
ご飯・歯磨き・トイレを済ませて、私が仕事にかかると、
『しんどいわぁ。ちょっと寝るけど、お昼には起こしてね』
と言って、眠りについたごんは、そのまま起きることはありませんでした。




***ごんへ***
長いこと、一緒にいてくれたごん。
太りすぎて、コロコロだったごん。
最後に体重を量ったときは、半分になっとったなぁ~。

かなり一緒におったけど、ホントは邪魔じゃな・・って思ったこともあったんよ。ごめんな。

でも、介護生活はぜんぜん苦じゃなかったで。

友達もお母さんもおったしな。

おまいが死んだとき、おまいが吠えて吠えて嫌っとった友達がお花やケーキをイッパイ持って来てくれたの、ちゃんとわかっとる??

ありがたいんで。


おまいと暮らした日々があるから、今も犬がダイスキじゃし、こうしてポルシェってチワワも飼い始めた。

チワワにしたのは、マンションだからちっちゃい犬ってのと、耳がたってて、尻尾が丸く上がった犬がよかったから。
おまいさんがそうだったから。

だって、私の『理想の犬』を形にしたら、おまいさんだから。

今は、また、大阪で生活しとるよ。
だんなさんもおるよ。

だんなさん、おまいのお墓参りのために、何時間もかけて、岡山まで連れて行ってくれる人なんで。いいじゃろ??

お墓参りなんて、5分ですむのにな。

でもイイんよ、行きたいから行く!! それだけじゃ。


今、飼っとるチワワは、まだヤンチャで悪さばかりしとるけど、そのうち、大人しくなるじゃろ・・・って、時間に任せとるよ。

まぁ、見とってみ?
イイコに育ててみせるわ。


また、会いに行くけんな!         

          ***ゆかより***







虹の橋で遊んでいるごんも、今日はランキングに臨時参戦です。よろしければポチッと一票、応援お願いします。(できればどっちも☆)

banner2[1].gif

chihuahua80_15.gif

ありがとうございます。

スポンサーサイト
Comment
ごんさんへのお手紙、泣けてしまいました~。
私もペットを飼っている以上、いつかはそういう日が来るんだろうな~と考えて、めそめそすることもあるんですよね。
ごんさんは幸せだったんでしょうね。
ポルくんも、YUCCIさんから、ごんさんの影を感じているかもしれないですね~。
ごんさんを超える賢いチワワになるぞ、と思っているのかも。
ごんさん、お墓参りに来てくれて、喜んでいますね、きっと!
アナキョンジャ (URL) 2007/02/14 Wed 20:57 [ Edit ]
だめだ~><;泣けちゃった・・・;;;
ごんちゃんとっても幸せだったって思うよ!!!
ずっとYUCCIさんに可愛がってもらえて
最後まできちんと面倒みてもらえて、
最後は老衰で静かに眠れたんだから。。。
わたしはワンコを飼うのは今回が初めてだから、
ぐりが死んじゃったらって思うと、どうなっちゃうんだろう。。。
でもいつかその時がくるんだもんね。
その時にこの子は幸せだったよって胸はっていえるぐらい死ぬまで愛してあげたいって思う。
ごんちゃんもYUCCIさんの愛情忘れないと思うよ♪
ぐりまま (URL) 2007/02/14 Wed 21:29 [ Edit ]
ハァァ~、泣いてしまいました!v-406

ごんちゃん、きっととても幸せな一生だったと思います!きっと今でもYUCCIさんのソバで見守ってるはずです!

私もたまにズックを失うことを考えることがあります。
このフワフワの毛に顔をスリスリすることも、くんくん匂いを嗅ぐことも、あまりにしつこくし過ぎて、鼻に皺を寄せられることもなくなっちゃうんだなぁ・・・って。v-409

そう考えるととてつもなく寂しいですが、一緒にいられる今の時間を、悔いが残らないよう思いっきり楽しみたいと思います♪
ともよ (URL) 2007/02/14 Wed 21:36 [ Edit ]
つい先日「その時・。・。・」日記で
つらい未来予想図をした私

また「うるる~」してしまったです

私達のかわいいわんこたちへ
また会おうねって約束してね
お願い、また会えるよってね・。・。・
長助おかん (URL) 2007/02/15 Thu 00:14 [ Edit ]
ごんちゃんへ
幸せな犬生を送ることが出来て良かったね。
あなたの17年はとても暖かく幸せな時間だったんでしょうね。
最後まで一緒に過ごした由佳さんとの思い出を胸に虹の橋で今も幸せに暮らしていることと思います。
これからは由佳さん家族と、ポルシェ君が楽しく幸せに暮らせるように見守ってあげてくださいね。
そしていつの日か虹の橋で笑顔で会える日のために、由佳さんも精一杯幸せに暮らして下さい。


由佳さんご主人とポルちゃんと3人で楽しい時を刻んで下さいね。

私も6年前になくなったワンコのこと思い出して涙が出ました。
今晩は先代犬の話で盛り上がりました。
光介&クララの母ちゃん (URL) 2007/02/15 Thu 00:20 [ Edit ]
ええ話じゃ。うん。
ポルくんは、ゴンが「こいつならええぞ。」って縁を作ってくれたんやないですか?
うちの先代犬達の事思い出したわ。
ちゅーちゅーの母 (URL) 2007/02/15 Thu 01:39 [ Edit ]
うう・・・泣いてしまいました。
滅多なことでは泣かないんですけど、
ももたを迎えてから▽・エ・▽関連に涙もろくなってます。
ダンナさん素敵な方ですね!!!!
miicoo (URL) 2007/02/15 Thu 08:25 [ Edit ]
☆*:;;;;;:*:;;;;;:*☆(・∀・)人(・∀・)☆*:;;;;;:*:;;;;;:*☆
*アナキョンジャ様
そうですね。ペットとの別れは遅かれ早かれ、必ずやってくるし、多くの場合は、残されるのは人間の方だから、イロイロ考えてしまいます。。。
ポルシェ、ごんのコト、うすうすは気付いてるかも知れないですねv-38
きっと、ごんを超える賢いチワワに成長してくれると思いますv-352



*ぐりまま様
ウチの父ちゃんも、ワンコ飼うの初めてだから、イロイロ想っては凹んでますv-356
薬やワクチンで防げる病気は防ぎたいし、交通事故や誘拐なんてもってのほか!!
後は毎日、楽しく暮らせたら、シアワセv-345
ぐりちゃん、毎日シアワセな顔してるv-290



*ともよ様
ズックちゃんは、『イギリス引越し』ってゆう、一大事を共に経験されてるんで、私には想像できないほどの絆が出来上がってるんでしょうね。
言葉も文化も違う国で、『僕がママを助けなきゃ!』って、思ってくれてそうe-266    頼もしいですv-91



*長助おかん様
そんな事言ってると、毎日、夢に出てきますよ??
『アッ!トイレ!!』とか
『はっ!ごはん!!』とか・・・。
ごんがいなくなってもしばらく続きましたからねぇ~v-75
でも、絶対会える!!って思える自信がカナリあるのは、私ダケじゃないはずv-343



*光介&クララの母ちゃん様
先代犬の話で盛り上がっちゃうと、なかなか止まらないですよねぇ~v-321
ワンコの成長も、家族の成長も、重なりながら、いくらでも想い出が溢れてきますv-19



*ちゅーちゅーの母様
母様のトコの先代ワンコちゃんも、長生きだったんですよね。
遠く離れても会いに来てくれる子・・・v-522
飼い主が想う以上に、ワンコからの愛情は深いはず。。。。
今のところ、ポルシェには感じませんが・・・v-239



*miicoo様
あらら。。。。。
極S嬢の瞳に涙・・・・・?
ももちゃんのおかげで、母性が騒ぎまくってるのかしら??
ダンナさん、ステキ?ありがとv-281
小太りで、天然アフロで、ヒゲヅラだけど、イイ人なのですv-439
YUCCI (URL) 2007/02/15 Thu 12:13 [ Edit ]














管理者にだけ表示を許可する

TrackBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。